せおべか日記

いざ勝負!

年中行事
元のサイトで完全版を読む
木曽の端午の節句は一月後れの6月5日。 「端午の節句」は「菖蒲の節句」とも呼ばれるそうですね。 菖蒲の強い香りで不浄を払い、邪気を遠ざけるといわれていて、 また「菖蒲(しょうぶ)」は、「勝負」や「尚武」に通じて、江戸時代から男の子の出生を祝って 端午の節句に菖蒲湯に入ることが習慣になったと母から聞きました。 女の子なので本来は端午の節句ではなくて桃の節句ですが 勝負に強い元気な女の子に育つようにと我が家は5日家族で菖蒲湯に入りました! なかなか勇ましい姿だぞ!
もっと見る